• ホーム
  • 緊急避妊薬という名前のピルは卵胞ホルモン量が多い

緊急避妊薬という名前のピルは卵胞ホルモン量が多い

排卵後の女性の体内では、黄体ホルモンが作られます。
黄体ホルモンは、排卵後や妊娠中に多くなるホルモンで、黄体ホルモン剤を摂取すると、妊娠しているのと同じような状態になり、排卵が起こりません。
ピルはこの働きを利用したもので、黄体ホルモンだけを摂取すれば、避妊効果があるということになります。
ただ、黄体ホルモン単体のものは、授乳中に使えるというメリットはありますが、十分な効き目はありません。
一般的に使用されているピルには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの療法が含まれていて、同じ用量でも、単体で使うよりも効き目が強くなります。
ピルには、副作用がありますが、これには、卵胞ホルモンが関係しているため、いかにして卵胞ホルモンを少なくするかが問題となりました。
この量をできるだけ減らしたものが低用量ピルで、副作用が少ないのが特徴となっています。
一方、緊急避妊薬という名前がついているアフターピルなどの中用量や高用量ピルは、卵胞ホルモン量が多いため、副作用が強いのが特徴です。
緊急避妊薬とは運悪くコンドームが破けてしまったなど、避妊に失敗したときに用いる薬で、ホルモン剤を飲むことで、受精卵の着床を防ぎ、避妊に失敗した後72時間以内に1回、1回目服用から12時間後にもう一度吹くようすることで、妊娠を防止させることができます。
緊急避妊薬の避妊率は高く、望まない妊娠を防ぐことができますが、ただ、低用量ピルほど効果はなく、また、服用方法が間違っていたり、きちんとした用量が服用できなかった場合には、避妊効果が得られない場合もあります。
また、毎日服用して 避妊効果を得る低用量ピルとは違って、ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮するのが特徴です。